高価な紅茶葉を使ったからといって、
おいしい紅茶となるわけではありません。
紅茶葉には個性があります。
それぞれの個性を生かした方法で、おいしい紅茶を入れましょう。
紅茶教室で紅茶を学び、自ら販売を始めました。

2008年09月01日

フルーツティー・紅茶教室(8)

フルーツティー1.jpg フルーツティー2.jpg

紅茶教室・中級講座ラストはフルーツティーです。

まずはアップルティー。

イチョウ切りにしたりんごを3枚ほどカップにいれます。

りんごにはシュガーと赤ワインをひとふり。

そこへ紅茶を注ぎ淹れます。紅茶にはイチョウ切りにしたりんご10〜15枚を潰して入れておきます。

フルーツティーにむく茶葉は、キャンディです。

くせのない茶葉がぶつかり合わずにフルーツの味を引き出してくれます。

こちらは、オレンジティー!

フルーツティー3.jpg

白いカップにいれると、見た目にもビタミンカラーで元気がでてきますね!ひらめき
posted by teacup at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 紅茶教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
両方とも、とってもおいしそうですね〜。

最近アイスティーばかり飲んでいたので、teacupさんのブログ見たら、すごくホットが飲みたくなっちゃいました。

で、今我慢できずに飲んでます(^^)夜中の3時なのに・・・。

Posted by あやしゃん at 2008年09月02日 03:15
真夜中の紅茶タイム〜

ひとりでしみじみと味わえそうですね(笑)

オレンジティー、別名シャリマティーというそうです。。。

Posted by teacup at 2008年09月02日 10:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。